2015年08月31日

世界同時株安


It was a dramatic week for global stockmarkets, as fears deepened about whether the Chinese economy was heading for a "hard landing". Many share indices swung wildly.

世界の株式市場(stockmarkets)にとって、なんとドラマチックな一週間であっただろう。中国経済がハード・ランディング(硬着陸;急失速)に向かっているのではないかという懸念が深まりゆくとともに、多くの株価が荒々しく揺れ動いた(swung wildly)

The main Shanghai index plunged by more than 8% in a single day, its biggest loss since early 2007, wiping out the gains it had made since the start of the year.

上海市場はたった1日で8%以上の急落(plunged)、2007年初頭以来、最悪の損失となった。これで年初からの上昇分(gains)が帳消しとなった(wiping out)

The S&P 500, FTSE 100 and other markets in Europe and Asia were also rattled, with some recording their steepest falls since the financial crisis in 2008.

S&P500やFTSE100をはじめ、ヨーロッパやアジアの株式市場は大混乱(rattled)。2008年の金融危機以来、記録的な急激な落ち込みとなった。

By mid-week the markets had rebounded, chalking up huge gains in some places, but trading remained tense.

週の半ばまでは市場も反発(rebounded)、一部地域では巨大な利益が得られた。しかし、緊迫したトレードはまだ続いている(remained tense)


Business this week
The Economist, Aug 29th 2015






posted by エコノミストを読む人 at 08:39| Comment(0) | 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。