2015年09月08日

勇気ある独メルケル首相 [難民危機]


"If Europe fails on the question of refugees, it won't be the Europe we wished for."

もしヨーロッパが難民問題(the question of refugees)でしくじってしまえば、そのヨーロッパは私たちが望んだものではなくなるでしょう。

ドイツ・メルケル首相の言葉だ。”何もしない(without doing)”の代名詞とされる彼女が、いつもの狭量さ(her small-bore instincts)とは打って変わって、断固たる発言である。

She is right. The EU was born after a devastating war, on a promise of solidarity with the persecuted and downtrodden.

彼女は正しい。EU(欧州連合)は破滅的な戦争をへて、迫害・抑圧された者たちとの団結の約束(a promise of solidarity)として生まれたのだ。

Mrs Merkel's approach to Europe's migrant crisis is remarkable. The Chancellor has taken a brave stand.

ヨーロッパが直面している難民危機(migrant crisis)に対して、メルケル首相のアプローチは水際立っている。彼女はじつに勇気ある態度(a brave stand)をとっている。




そもそも移民という問題自体、政治的には一触即発の難題(a politically explosive problem)である。事実、ヨーロッパの指導者たちは尻込み(craven)している。

Many eastern European politicians have resorted to xenophobia, refusing to welcome refugees for resettlement.  David Cameron, Britain's prime minister, nonchalantly cites an opt-out agreement with the EU as an excuse to restrict the number of refugees.

東ヨーロッパの多くの政治家たちは、外国人嫌悪(xenophobia)を決め込んで、難民たちの移住(resettlement)を拒絶している。イギリスのキャメロン首相にいたっては、難民の数を制限する言い訳として、なんの臆面もなくEUとの適用除外条項(opt-out agreement)を持ち出してきた。





一方、ドイツのメルケル首相

She has denounced xenophobes, signalled Germany's readiness to take more Syrian refugees. Germany expects to register up to 800,000 asylum-seekers this year, far more than any other country in the EU. Mrs Merkel's leadership is a shining exception.

メルケル首相は外国人嫌悪(xenophobia)を非難すると、ドイツがシリアからの難民をさらに受け入れる用意があることを示唆した。ドイツは今年だけで最大80万人の亡命希望者(asylum-seekers)の手続きを行うつもりだ、と。この数はEU域内の他国をはるか凌ぐ。メルケル首相のリーダーシップばかりが、EU内の輝ける例外(a shining exception)なのだ。





EUにはすでに便利なシステムが存在する。

That is not difficult, thanks to the dismantling of passport controls at the EU's internal borders (a system known as Schengen, encompassing 26 European countries, but not Britain). This time Mrs Merkel is pushing hard for a proper European solution -a joint transfer system for refugees in which all Schengen members take part.

(移民の移動は)それほど困難ではない、EU内部の国境においてはパスポートが必要なくなっている。このシステムはシェンゲン協定(Schengen)として知られるもので、イギリスをのぞく26のヨーロッパ諸国がその範囲内にある。今回、メルケル首相はこの連結された移動システムを難民に適用して、ヨーロッパが適切に問題対処できるよう強く訴えている。

アフリカやアラブ諸国からの難民たちは、とりあえずイタリアやギリシャに殺到しているが、最終的にはドイツやイギリス、スカンジナビア半島へと行きたいのである。メルケル首相はその移動の便に、シェンゲン協定を利用しようと言っているのである。

The biggest displacement of people since 1945 is a test of European values, and of the ability of member states to work together. The refugees from civil wars in Syria and Iraq clearly need help.

1945年以来となる人民の大移動(displacement of people)、これはヨーロッパの人々が奉戴する価値観へのチャレンジであり、欧州各国がどれほど協調できるかを試すものである。シリアやイラクの内戦によって難民になってしまった人々は、明らかに助けを必要としているのだ。

近年のヨーロッパは、ユーロ危機におけるスッタモンダで世界の失笑をかっている。通貨は共通ながら借金は各国持ちということで、不完全な統合(incomplete integration)を露呈してしまっているのである。

もし、今回の難民問題でもヘタをうってしまうのなら


European integration will take a big step back.

ヨーロッパの統合は、大きく後ずさりすることになるだろう。






(了)






出典:
The Economist, Sep 5th 2015
Europe's migrant crisis "Merkel the bold"




posted by エコノミストを読む人 at 09:37| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。